研究紹介

 

新しいロボット・テクノロジーの研究開発から福祉分野への応用、フィールドでの実験・評価を行っています。

ロボット・セラピー

動物型ロボットを用いた心のケアを「ロボット・セラピー」と呼んでいます。ロボットと触れ合うことにより、心理的効果、生理的効果、社会的効果があることが確認されています。セラピー用ロボット開発のための基礎研究、より効果的なロボット・セラピーを実現するための調査研究や手引きの開発を行っています。

           paro

              セラピー用アザラシ型ロボット「パロ」

 

               manual for RT J

            ロボット・セラピーの手引き(日本語English

Smart Variable Space

ベッドルーム、オフィス、キッチンなどの空間をコンパクトに収納・モジュール化し、必要に応じて自動的に移動・展開を行うことにより空間が持つ機能を変更し、空間の利用効率を高める「Smart Variable Space」を提案しています。ベッドルームの機能を持つ空間モジュールを研究開発しています。

bed_module

ベッドルーム型ロボットモジュール

人と相互作用するロボットの心理生理的影響調査

セラピー用ロボットや見守りロボットなど、人と触れ合いやコミュニケーションを行うロボットが身近になりつつあります。これら人と相互作用するロボットが及ぼす心理・生理・社会的影響について調査研究しています。

         paro-fs

                 フィールド調査の様子

その他

スケーティング・ロボットの研究

遠隔操作ロボット用インタフェースの研究開発

など