研究内容

超小型衛星に代表される革新的な宇宙システムの利用法を提案するなど新しい宇宙利用の可能性を探ります.



研究成果

(年度クリックで開閉)

2016年度

Coming Soon...

閉じる

△一番上へ戻る

2015年度

論文発表

  1. Masaki Watanabe, Hironori Sahara, Shinsuke Abe, Takeo Watanabe, Yuta Nojiri, Lena Okajima, "Development of Artificial Meteor for Observation of Upper Atmosphere," Acta Astronautica, 121 (2016) pp. 172-178, 2016. DOI:10.1016/j.actaastro.2016.01.004. 

学会発表(国内)

  1. 荒木健吾,阿部新助,沼田宗一郎,岩崎太陽,小山晋,亀川将司,出井裕,小宮良樹,渡辺正樹,作山幸樹,麻野将吾,佐原宏典,渡部武夫,下田孝幸,長井遵正,岡島礼奈,“アーク加熱風洞を用いた人工流星体の分裂過程の計測”,第59回宇宙科学技術連合講演会,かごしま県民交流センター,平成27年10月7日~9日,P68.
  2. 沼田宗一郎,亀川将司,荒木健吾,岩崎太陽,小山晋,阿部新助,前田幸治,渡辺正樹,作山幸樹,佐原宏典,渡部武夫,下田孝幸,岡島礼奈,“アーク加熱風洞を用いた流星アブレーションの研究”,日本惑星科学会2015年度秋季講演会,東京工業大学地球生命研究所ELSI-1,平成27年10月14日~16日.
  3. 麻野将吾,渡辺正樹,作山幸樹,佐原宏典,沼田宗一郎,荒木健吾,岩崎太陽,小山晋,亀川将司,井出裕,小宮良樹,阿部新助,渡部武夫,下田孝幸,長井遵正,野尻悠太,野上大介,岡島礼奈,“形状の異なるスラグ式カロリーメータによるアーク気流中の供試体の加熱率測定”,平成27年度宇宙航行の力学シンポジウム,宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所,平成27年12月10日.
  4. 沼田宗一郎,荒木健吾,岩崎太陽,小山晋,亀川将司,阿部新助,出井裕,小宮良樹,渡辺正樹,作山幸樹,麻野将吾,佐原宏典,渡部武夫,下田孝幸,長井遵正,野尻悠太,野上大介,岡島礼奈,“アーク加熱風洞を用いた流星アブレーションの研究”,平成27年度宇宙航行の力学シンポジウム,宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所,平成27年12月10日.
  5. 寺田優,江副祐一郎,小川智弘,佐藤真柚,中村果澄,沼澤正樹,武内数馬,堤大樹,田村亜衣,佐原宏典,大橋隆哉,石川久美,満田和久,“マイクロマシン技術を用いた超軽量X線望遠鏡の振動試験”,日本天文学会2016年春季年会,首都大学東京南大沢キャンパス,平成28年3月14日~17日,V317b.
  6. 武内数馬,江副祐一郎,小川智弘,佐藤真柚,中村果澄,沼澤正樹,寺田優,大橋隆哉,佐原宏典,堤大樹,石川久美,磯部直樹,“バイナリブラックホール探査衛星ORBISに向けたMEMS X線光学系の設計検討”,日本天文学会2016年春季年会,首都大学東京南大沢キャンパス,平成28年3月14日~17日,V319b.
  7. 佐原宏典,江副祐一郎,磯部直樹,宮村典秀,ORBISチーム,“超小型衛星を用いた天文観測の提案とその初号機ORBISの開発”,高エネルギー宇宙物理連絡会(高宇連),第15回研究会,東京理科大学神楽坂キャンパス,平成28年3月23日~25日.

学会発表(国外)

  1. Taku Watanabe, Ayako Kayaba, Satoru Ozawa, Hiroshi Yamakawa, Hironori Sahara, "Development of Testbed for Relative Position and Attitude Simultaneous Control Experiment using Electromagnets," 30th International Symposium on Space Technology and Science, 2015-d-38, d-8, July 8, 2015.
  2. Naoki Otsuka, Hironori Sahara, ORBIS Team, "Development of Binary Black Hole Observation Satellite 'ORBIS'," 30th International Symposium on Space Technology and Science, 2015-f-26, f-6, July 8, 2015.
  3. Seiji Yoshimoto, Shinichi Nakasuka, Yoshiro Tsuruda, Yoshihide Aoyanagi, Toshiki Tanaka, Hironori Sahara, Takehiro Ohira, Yuta Araki, Ichiro Mase, Miki Ito, Vladimir Kainov, Andrey Karandaev, Olexij Silkin, "Cluster Launch of Hodoyoshi-3 and -4 Satellites from Yasny by Dnepr Launch Vehicle," 30th International Symposium on Space Technology and Science, 2015-f-33, f-7, July 8, 2015.
  4. Takeshi Sakuma, Hironori Sahara, Naoki Miyashita, Yusuke Kuramoto, Masayasu Matsui, Seiji Yoshimoto, Yoshihiro Tsuruda, Shinichi Nakasuka, "Development and On-Orbit Demonstration of the Propulsion System Based on 60wt% Hydrogen Peroxide for Microsatellites," 30th International Symposium on Space Technology and Science, 2015-f-40, f-8, July 8, 2015.
  5. Shuhei Hotta, Hironori Sahara, "State Transition Simulation of Distributed Autonomous Microsatellite," 30th International Symposium on Space Technology and Science, 2015-f-66, f-14, July 10, 2015.
  6. Masaki Watanabe, Koki Sakuyama, Hironori Sahara, Soichiro Numata, Shinsuke Abe, Takeo Watanabe, Takayuki Shimoda, Junsei Nagai, Yuta Nojiri, Lena Okajima, "Evaluation of Artificial Meteor Sources with Arc Heater Wind Tunnel," 30th International Symposium on Space Technology and Science, 2015-f-70, f-15, July 10, 2015.
  7. Takahiro Kuromoto, Hironori Sahara, "Construction of the Electric Power Network System in Microsatellites," 30th International Symposium on Space Technology and Science, 2015-f-86p, Poster Session, July 8, 2015.
  8. Koki Sakuyama, Masaki Watanabe, Hironori Sahara, "Research on Atmospheric Entry Pill for the Upper Atmosphere Observation," Asia Pacific International Symposium on Aerospace Technology (APISAT) 2015, Cairns, Queensland, Australia, Nov. 25-27, 2015.

特許申請

  1. “推進装置及び宇宙用装置”,特願2016-22007,発明者:岡田光信・佐原宏典,出願人:㈱アストロスケール・公立大学法人首都大学東京,出願日:平成28年2月9日.
  2. “推進装置及び宇宙用装置”,特願2016-24552,発明者:岡田光信・佐原宏典,出願人:㈱アストロスケール・公立大学法人首都大学東京,出願日:平成28年2月12日.

受賞

  1. TMR-i(田村亜衣,大塚直樹,作山幸樹、堀田周平、渡邉拓、興津直也、多田岳志), ARLISS2015 カンサット・カムバックコンペティション, Accuracy Award第3位, 平成27年9月20日.

閉じる

△一番上へ戻る

2014年度

著書

  1. 「CanSat(カンサット)-超小型模擬人工衛星-」(オーム社,H26年8月出版)共著

論文発表

  1. 佐原宏典,“超小型衛星の定量的なアーキテクチャ評価の提案”,日本信頼性学会誌「信頼性」11月号,Vol. 36,No. 8,pp. 476-483,2014年11月.
  2. 2. Hironori Sahara, "Evaluation of a Satellite Constellation for Active Debris Removal," Acta Astronautica 105 (2014), Issue 1, pp. 136-144, December 2014.

学会発表(国内)

  1. 渡部武夫,小林文雄,西園友彦,佐原宏典,岡島礼奈,野尻悠太,阿部新助,渡辺正樹,江尻侑司,タン・ウエイジアン,杉本美樹,高橋明日香,“宇宙用マスドライバ・プロトタイプモデルの性能評価”,Dynamics and Design Conference 2014,OS7-2-3,一般社団法人日本機械学会/機械力学・計測制御部門,平成26年8月26日~29日,上智大学四谷キャンパス.
  2. 西顕太郎, 佐原宏典, 江副祐一郎, 佐久間岳志, 堤大樹(首都大), 磯部直樹(ISAS/JAXA), 幸村孝由(東京理科大), 宮村典秀(明星大),ORBIS チーム, "超小型衛星を用いた天文観測の提案とその初号機ORBIS の開発状況,” 2015年春季年会, W142a, 2014年9月13日.
  3. 沼田宗一郎,荒木健吾,岩崎太陽,阿部新助,亀川将司,出井裕,小宮良樹,渡辺正樹,作山幸樹,佐原宏典,下田孝幸,長井遵正,渡部武夫,岡島礼奈,“アーク加熱風洞を用いた人工流星プラズマ実験”,第58回宇宙科学技術連合講演会,1H07,平成26年11月12日~14日,長崎ブリックホール.
  4. 阿部新助,沼田宗一郎,亀川将司,岩崎太陽,荒木健吾,小宮良樹,井出裕,渡辺正樹,作山幸樹,佐原宏典,下田孝幸,長井遵正,岡島礼奈,“アーク加熱風洞を使った人工流星・隕石アブレーション実験”,平成26年度宇宙航行の力学シンポジウム,平成26年12月19日..
  5. 佐久間岳志, 大平健弘, 佐原宏典, 宮下直己, 倉本祐輔, 松井正安, 吉本誠司, 鶴田佳宏, 中須賀真一,”60wt%過酸化水素水を用いた超小型衛星搭載用推進系の開発と軌道上実証”, 平成26年度宇宙輸送シンポジウム, STCP-2014-044, 2015年1月16日.

学会発表(国外)

  1. Takeshi Sakuma, Hironori Sahara, "Development of Integrated Propulsion System Based on Hydrogen Peroxide for Microsatellite," Space Propulsion 2014, SP2014-2980490, Cologne, Germany, May 19-22, 2014.
  2. Takehiro Ohira, Takeshi Sakuma, Hironori Sahara, "Development of Mono/Bi-Propellant Propulsion System for Microsatellites and Planning of Space Demonstration," 50th AIAA/ASME/SAE/ASEE Joint Propulsion Conference (AIAA Propulsion and Energy 2014), AIAA-2014-3793, Cleveland, Ohio, USA, July 28-30, 2014.
  3. Masaki Watanabe, Hironori Sahara, Takeo Watanabe, Shinsuke Abe, Yuta Nojiri, Lena Okajima, "Research and Development of Mass Driver for Microsatellite," 65th International Astronautical Congress, IAC-14.B4.2.7, Toronto, Canada, Sep. 29 - Oct. 3, 2014.

総説・解説

  1. 川島レイ,趙孟佑,宮崎康行,佐原宏典,安藤恵美子,日本航空宇宙学会誌・特集「NPO大学宇宙工学コンソーシアムUNISECの軌跡と展望・第2回『UNISECの国際展開:ビジョン・成果・将来展望』」,日本航空宇宙学会誌,Vol. 62,No. 10,2014年10月.

特許申請

  1. US8,839,623B2, PCT/JP2006/317487 (Feb. 17, 2009), WO2007/029662 (Mar. 15, 2007), "ROTARY HEAT ENGINE", Inventors: Shinichi Nakasuka, Hironori Sahara, Kenji Higashi, Date of Patent: Sep. 23, 2014.

受賞

  1. TMU☆CAN(竹田慎・淺野弘久・貝田亮介・木村菜摘・市川サラ・山下矩央・小林悠也,指導教員:佐原宏典),第2回プロジェクト奨励賞,首都大学東京同窓会,平成26年7月31日.
  2. TMU☆CAN(竹田慎・淺野弘久・貝田亮介・木村菜摘・市川サラ・山下矩央・小林悠也,指導教員:佐原宏典),A Rocket Launch for International Student Satellites (ARLISS) 2014,Highest Velocity部門第3位,平成26年9月12日.

閉じる △一番上へ戻る

2013年度

国際会議

  1. Shutaro Nishikizawa, Takehiro Ohira, Hironori Sahara, Naoki Miyashita, Yusuke Kuramoto, "Performance Test of Mono-Propellant Propulsion System for a Japanese Microsatellite 'Hodoyoshi-1'," 29th International Symposium on Space Technology and Science, 2013-a-01, June 3, 2013.
  2. Keita Watanabe, "Concept of Data Link Satellite for Deep Space Networks," 29th International Symposium on Space Technology and Science, 2013-s-69-j, June 6, 2013.
  3. Hironori Sahara, "Systems Engineering for Microsatellites," 6th International Workshop on Remote Sensing and Environmental Innovations in Mongolia, Mongolia, June 10, 2013.
  4. Hironori Sahara, Kenji Nakajima, Takehiro Oohira, Yasuo Arai, Mitsuhiro Masuda, "Students Leartn Systems Engineering by Do-It-Themselves Trial and Error Using CanSat," 6th International Workshop on Remote Sensing and Environmental Innovations in Mongolia, Mongolia, June 10 - 11, 2013.
  5. Kentaro Nishi, Hironori Sahara, "History and Current Status of Japanese CanSat," 6th International Workshop on Remote Sensing and Environmental Innovations in Mongolia, Mongolia, June 10 - 11, 2013.
  6. Shutaro Nishikizawa, Takehiro Ohira, Hironori Sahara, "Development of Mono/Bi-Propellant Propulsion System and Planning of Space Demonstration," 49th AIAA/ASME/SAE/ASEE Joint Porpulsion Conference and Exhibit, LP-14, Liquid Rocket Engines II, July 16, 2013.
  7. Hironori Sahara, "Overview on Japanese Space Education Activities," 2nd EOSA-RTC Symposium, Namibia, July 24, 2013.
  8. Kentaro Nishi, Mitsuhiro Masuda, Hironori Sahara, Yuichiro Ezoe, Naoki Isobe, Takayoshi Kohmura, Norihide Miyamura, "Development of Binary Black Hole Observation Satellite 'ORBIS'," 5th Nano-Satellite Symposium, Novel Missions and Applications 1, November 20, 2013.
  9. Ayumu Tokaji, Shinichi Nakasuka, Yasuyuki Miyazaki, Hironori Sahara, Rei Kawashima, Kei-ichi, Takashi Kondo, Masayasu Matsui, Takeshi Matsumoto, Naomi Kurahara, "Global Water Level Monitoring for Disaster Mitigation Using Data Collection Function of Micro-satellites," 5th Nano-satellite Symposium, Novel Missions and Applications 2, November 21, 2013.

国内学会

  1. 西顕太郎,“首都大版GP(人材育成プログラム)とCLTP3”,UNISECレクチャーシリーズ7,NPO法人大学宇宙工学コンソーシアム主催・公開講座,平成25年4月20日.
  2. 佐原宏典,“超小型衛星とほどよし信頼性工学”,IEEE Reliability Society Japan Chapter,Chapter Seminar,中央大学後楽園キャンパス,平成25年6月15日.
  3. 中島研二,“モンゴルにおける超小型衛星および缶サットの活動報告-6th International Workshop on Remote Sensing and Environmental Innovations in Mongoliaに参加して”,UNISECレクチャーシリーズ9,NPO法人大学宇宙工学コンソーシアム主催・公開講座,平成25年6月22日.
  4. 佐原宏典,“ナミビアレポート-宇宙科学と宇宙工学教育”,UNISECレクチャーシリーズ10,NPO法人大学宇宙工学コンソーシアム主催・公開講座,平成25年8月31日.
  5. 錦沢秀太郎,西顕太郎,増田充宏,佐原宏典,江副祐一郎,大橋隆哉,磯部直樹,幸村孝由,宮村典秀,ORBISチーム,“超小型衛星を利用した継続的な理学的挑戦”,日本天文学会2013年秋季年会,平成25年9月10日~9月12日.
  6. 渡邊啓太,“深宇宙探査に向けたネットワークの構築のためのデータリンク衛星の検討”,第57回宇宙科学技術連合講演会,3B14,平成25年10月11日.
  7. 戸梶歩,中須賀真一,宮崎康行,佐原宏典,奥山圭一,近藤孝司,松井正安,松本健,倉原直美,川島レイ,“衛星によるデータ収集機能を利用したグローバル水位観測ネットワーク構想”,第57回宇宙科学技術連合講演会,3O07,平成25年10月11日.
  8. 宮下直己,中村友哉,中須賀真一,岩崎晃,戸谷剛,佐原宏典,江野口章人,武山芸英,早川義彰,間瀬一郎,“ほどよし1号開発の現状と利用実験の戦略”,第57回宇宙科学技術連合講演会,3O09,平成25年10月11日.
  9. 青山順一,佐原宏典,小泉宏之,“超小型衛星用推進系の開発の成果とその利用”,第57回宇宙科学技術連合講演会,3O12,平成25年10月11日.
  10. 宮崎康行,永田晴紀,木村真一,佐原宏典,坂本啓,川島レイ,安藤恵美子,“缶サット・超小型衛星を用いた創造的科学技術人育成ネットワークの構築”,第57回宇宙科学技術連合講演会,3L01,平成25年10月11日.
  11. 西顕太郎,佐原宏典,ORBISチーム,宮村典秀,磯部直樹,幸村孝由,江副祐一郎,“汎用型超小型衛星による継続的な理学的挑戦”,第14回宇宙科学シンポジウム,平成26年1月9日~10日.
  12. 佐久間岳志,錦沢秀太郎,大平健弘,佐原宏典,“低毒性推進剤を用いた超小型衛星搭載用二液式推進系の研究開発”,平成25年度宇宙輸送シンポジウム,STCP-2013-062,平成26年1月17日.
  13. 西顕太郎,増田充宏,佐原宏典,江副祐一郎,大橋隆哉,磯部直樹,幸村孝由,宮村典秀,ORBISチーム,“超小型衛星を用いた天文観測の提案とその初号機ORBISの開発状況”,日本天文学会2014年春季年会,平成26年3月22日.

閉じる
△一番上へ戻る

2012年度

国際会議

  1. Shutaro Nishikizawa, Hironori Sahara, Naoki Miyashita, Yusuke Kuramoto, "Development of Mono-Propellant Propulsion System for A Japanese Microsatellite 'Hodoyoshi-1'," 48th Joint Propulsion Conference and Exhibit, Atlanta, Georgia, USA, July 29 - August 1, 2012.
  2. Hironori Sahara, Emiko Ando, "CanSat Leader Training Program (CLTP) Report," 4th UN/Japan Nano-Satellite Symposium, Nagoya, Japan, October 10 - 13, 2012.
  3. Naoki Isobe, Hironori Sahara, Mitsuhiro Masuda, and ORBIS team, "Probing into An X-ray Periodicity from Active Galactic Nuclei, as A Signature of A Super Massive Binary Black Hole System," Workshop on Binary Black Holes and Dual AGN, November 29 - 30, 2012.

国内学会

  1. 佐原宏典,竹ヶ原春貴,青柳潤一郎,江副祐一郎,磯部直樹,“継続的な理学的挑戦を担う超小型衛星の開発~その初号機におけるバイナリブラックホール探査の実施に向けて”,平成24年度UNISEC総会,東京大学,ポスター,平成24年7月21日.
  2. 増田充宏,ORBISチーム,“継続的な理学的挑戦を担う超小型衛星の開発~その初号機におけるバイナリブラックホール探査の実施に向けて”,第8回能代宇宙イベント,ポスター,平成24年8月18日.
  3. 磯部直樹,増田充宏,養王田一尚,若林祐介,佐原宏典,江副祐一郎,大橋隆哉,幸村孝由,ORBISチーム,“巨大バイナリブラックホール探査超小型衛星ORBISの基礎設計”,日本天文学会2012年秋季年会,大分大学,ポスター,平成24年9月19日~9月21日.
  4. 石井亮介,内田佳秀,養王田一尚,若林祐介,荒井康雄,川畑諒,錦沢秀太郎,増田充宏,渡邊啓太,大平健弘,小黒英樹,川上翔,中島研二,西顕太郎,“継続的な理学的挑戦を担う超小型衛星の開発~その初号機におけるバイナリブラックホール探査の実施に向けて”,JA2012国際航空宇宙展,ポートメッセなごや,ポスター,平成24年10月12日.
  5. 石井亮介,佐原宏典,“統計的手法を用いた大学衛星の現状分析”,第56回宇宙科学技術連合講演会,別府国際コンベンションセンター(ビーコンプラザ),平成24年11月20日~11月22日.
  6. 増田充宏,佐原宏典,“エラー解析機能と汎用性を有した地上局ソフトウェアの研究開発”,第56回宇宙科学技術連合講演会,別府国際コンベンションセンター(ビーコンプラザ),平成24年11月20日~11月22日.
  7. 西顕太郎,佐原宏典,“CLTP3報告”,UNISEC Workshop 2012,北海道大学,平成24年12月8日~9日.
  8. 石井亮介,内田佳秀,養王田一尚,若林祐介,荒井康雄,川畑諒,錦沢秀太郎,増田充宏,渡邊啓太,大平健弘,小黒英樹,川上翔,中島研二,西顕太郎,“継続的な理学的挑戦を担う超小型衛星の開発~その初号機におけるバイナリブラックホール探査の実施に向けて”,平成24年度UNISECワークショップ,北海道大学,ポスター,平成24年12月9日.
  9. 石井亮介,内田佳秀,養王田一尚,若林祐介,荒井康雄,川畑諒,錦沢秀太郎,増田充宏,渡邊啓太,大平健弘,小黒英樹,川上翔,中島研二,西顕太郎,佐原宏典,磯部直樹(ISAS/JAXA),江副祐一郎,大橋隆哉(首都大学東京理工学研究科),幸村孝由(工学院大),“巨大バイナリブラックホール探査のための超小型衛星 ORBIS の提案”,第13回宇宙科学シンポジウム,P5-015,ポスター,平成25年1月8日~9日.
  10. 錦沢秀太郎,大平健弘,佐原宏典,“超小型衛星搭載用推進系の研究開発と宇宙実証”,平成24年度宇宙輸送シンポジウム,STCP-2012-044,JAXA宇宙科学研究所,平成25年1月17日~18日.

査読付論文

  1. 石井亮介,佐原宏典,“超小型衛星のミッション成否分析に基づく現状把握と将来予測”,日本航空宇宙学会論文集,Vol. 60, No. 2, 2012.
  2. Ryosuke Ishii, Hironori Sahara, Seiko Shirasaka, “Trend Analysis of Errors on Japanese microsatellites of University,” Transaction of The Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Aerospace Technology Japan, ISTS Special Issue: Selected papers from the 28th International Symposium on Space Technology and Science), Vol. 10 (2012), No. ists28, Tt_1 - Tt_6, 2012.
  3. Ryosuke Ishii, Yukiya Hanada, Toru Sugiyama, Sota Inomata, Hironori Sahara, “A Method of Quantitative Evaluation of Architecture and Systematic Resource Allocation in Definition Phase of microsatellite Development,” UNISEC Space Takumi Journal, Vol. 2, No. 3, pp. 27-38, June 1, 2012.
  4. Takeo Watanabe, Hironori A. Fujii, Tairo Kusagaya, Hironori Sahara, Hirohisa Kojima, Shoichiro Takehara, Yoshiki Yamagiwa, Susumu Sasaki, Takumi Abe, Koji Tanaka, Kyoichiro Oyama, Takuji Ebinuma, Les Johnson, George V. Khazanov, Juan R. Sanmartin, Mario Charro, Michiel Kruijff, Erik J. van der Heide, Binyamin Rubin, Francisco J. Garcia de Quiros, Pavel M. Trivailo, Paul Williams, "T-REX: Bare Electro-Dynamic Tape-Tether Technology Experiment on Sounding Rocket S520," Journal of Space Technology and Science, Vol. 26, No. 1, 2012 spring.

閉じる
△一番上へ戻る

2011年度

国際会議

  1. Nobuyoshi Suzuki, Hironori Sahara, Hideshi Kagawa, Ideo Masuda, Mitsuharu Kusama, “Performance Test of Mono-Propellant Propulsion System Based on Hydrogen Peroxide for Microsatellite,” 28th International Symposium on Space Technology and Science, 2011-a-27, June 5 ? 12, 2011.
  2. Koji Nagasawa, Yoshiki Sugawara, Nobuyuki Kobayashi, Hironori Sahara, “Attitude Determination Method Using Shape Image of Heavenly Body with Phase,” 28th International Symposium on Space Technology and Science, 2011-d-06, June 5 ? 12, 2011.
  3. Kazuhisa Yohda, Hironori Sahara, “Optimizing Space Trajectories of Small Satellites Using Two Propulsions,” 28th International Symposium on Space Technology and Science, 2011-d-47, June 5 ? 12, 2011.
  4. Student Session: Yoshinobu Okano, “Prospective Equilibrium Point Control of Spin Axis of Spin Spacecraft by Using Solar Radiation Pressure,” 28th International Symposium on Space Technology and Science, 2011-d-73s, June 5 ? 12, 2011.
  5. Tasuku Asanuma, Hironori Sahara, “Research of Environmentally-Isolated Capsule (EIC) for Microsatellite,” 28th International Symposium on Space Technology and Science, 2011-f-31, June 5 ? 12, 2011.
  6. Hironori Sahara, Satoshi Hosoda, Yoshiki Sugawara, Masakatsu Nakano, Shinichi Nakasuka, “Establishment of “Needs Database” for Continuous Exploration of Space Utilizations via Ig Satellite Design Contest,” 28th International Symposium on Space Technology and Science, 2011-f-32, June 5 ? 12, 2011.
  7. Ryosuke Ishii, Hironori Sahara, Seiko Shirasaka, “Trend Analysis of Errors on Japanese Microsatellites of University,” 28th International Symposium on Space Technology and Science, 2011-t-05, June 5 ? 12, 2011.
  8. Yoshihide Uchida, Hironori Sahara, “Relation between Cost and Reliability on Test Phase of Satellite Development,” 28th International Symposium on Space Technology and Science, 2011-t-08, June 5 ? 12, 2011.
  9. Toru Sugiyama, Sota Inomata, Yukiya Hanada, Ryosuke Ishii, Yoshihide Uchida, Hironori Sahara, Seiko Shirasaka, “A Method of Quantitative Evaluation of Architecture in Microsatellite System with Reasonable Reliability Model,” 28th International Symposium on Space Technology and Science, 2011-t-09, June 5 ? 12, 2011.
  10. Collaborative Study: Norizumi Motooka, Takayuki Yamamoto, Osamu Mori, Yoshihiro Kishino, Yoshinobu Okano, Jun’ichiro Kawaguchi, “Microgravity Evaluation of Advantages of Porous Metal in the Gas-Liquid Equilibrium Thruster for Small Spacecraft,” 28th International Symposium on Space Technology and Science, 2011-b-17, June 5 ? 12, 2011.
  11. Nobuyoshi Suzuki, Hironori Sahara, “Ignition Test of Bi-Propellant Propulsion System Based on Green Propellants for Microsatellite,” 47th AIAA/ASME/SAE/ASEE Joint Propulsion Conference and Exhibit, AIAA-2011-5771, July 31 ? Aug. 3, 2011.
  12. Sota Inomata, Toru Sugiyama, Yukiya Hanada, Hironori Sahara, “System Architecture of Functionally-Distributed Mirosatellite Standard Bus,” 5th Asia-Pacific Conference on Systems Engineering (APCOSE 2011), Seoul, Korea, October 19-21, 2011.
  13. Yukiya Hanada, Sota Inomata, Toru Sugiyama, Hironori Sahara, “A Systematic Analytical Approach for Resource Allocation in Definition Phase of Satellite Development,” 5th Asia-Pacific Conference on Systems Engineering (APCOSE 2011), Seoul, Korea, October 19-21, 2011.
  14. Toru Sugiyama, Sota Inomata, Yukiya Hanada, Ryosuke Ishii, Yoshihide Uchida, Hironori Sahara, Seiko Shirasaka, “A Method of Quantitative Evaluation and a proposal of Feasible Architecture in Microsatellite System with Reasonable Reliability,” 5th Asia-Pacific Conference on Systems Engineering (APCOSE 2011), Seoul, Korea, October 19-21, 2011.
  15. Yoshinobu Okano, Yuichi Tsuda, Ryu Funase, Hironori Sahara, Yuya Mmimasu, “FEM-Based Evaluation of Solar Radiation Pressure Effect for Spinning Spacecraft,” 62nd International Astronautical Congress 2011 (IAC2011), IAC-11-C1.5.11, Cape Town, Republic of South Africa, October 3-7, 2011.
  16. Ryosuke Ishii, Yukiya Hanada, Toru Sugiyama, Sota Inomata, Hironori Sahara, “A Method of Quantitative Evaluation of Architecture and Systematic Resource Allocation in Definition Phase of Microsatellite Development,” 1st UNISEC Space Takumi Conference, UNISEC2011-6, UNISEC WORKSHOP 2011, Kitakyushu, Japan, December 10, 2011.
  17. Ryosuke Ishii, Kazuhisa Yooda, Yoshihide Uchida, Yusuke Wakabayashi, Mitsuhiro Masuda, Ryo Kawahata, Shutaro Nishikizawa, Yasuo Arai, Keita Watanabe, Hironori Sahara, “Development of Standard Bus for Science Mission on Binary Black Hole Observation Satellite ‘ORBIS’,” 3rd Nano-Satellite Symposium, Kitakyushu, Japan, December 12-14, 2011.

国内学会

  1. 猪股壮太,花田行弥,杉山透,佐原宏典,“高信頼性/高汎用性超小型衛星用標準バスアーキテクチャの検討”,第55回宇宙科学技術連合講演会,1F01,平成23年11月30日~12月2日.
  2. 花田行弥,猪股壮太,杉山透,佐原宏典,“ゲーム理論を用いた衛星開発のためのシステマティックな予算配分モデルの提案”,第55回宇宙科学技術連合講演会,1F06,平成23年11月30日~12月2日.
  3. 若林祐介,佐原宏典,“超小型衛星搭載用マスドライバの開発”,第55回宇宙科学技術連合講演会,1F12,平成23年11月30日~12月2日.
  4. 養王田一尚,佐原宏典,江副祐一郎,磯部直樹,石井亮介,内田佳秀,若林祐介,荒井康雄,川畑諒,錦沢秀太郎,増田充宏,渡辺啓太,“バイナリブラックホール探査衛星ORBISの開発”,第55回宇宙科学技術連合講演会,1I16,平成23年11月30日~12月2日.
  5. 佐原宏典,“首都大学東京における基礎ゼミナール「宇宙と人類」での宇宙教育とその効果”,第55回宇宙科学技術連合講演会,2J02,平成23年11月30日~12月2日.
  6. 宮下直己,中村友哉,中須賀真一,岩崎晃,戸谷剛,佐原宏典,江野口章人,武山芸英,早川義彰,山口耕司,“ほどよし1号機の開発状況”,第55回宇宙科学技術連合講演会,3S18,平成23年11月30日~12月2日.
  7. 共同研究:元岡範純,森治,山本高行,岡野仁庸,“IKAROS型気液平衡スラスタタンクの微小重力実験による性能評価”,第55回宇宙科学技術連合講演会,2K13,平成23年11月30日~12月2日.
  8. 共同研究:石田大二郎,山田啓介,岸野義宏,今井良二,森治,山本高行,元岡範純,岡野仁庸,“気液平衡推進システム用ベーン式タンクの落下塔を使用した無重力試験”,第55回宇宙科学技術連合講演会,2K14,平成23年11月30日~12月2日.
  9. 共同研究:船瀬龍,三桝裕也,津田雄一,佐伯孝尚,岡野仁庸,“光学パラメータ切り替え制御によるスピン型ソーラーセイルの燃料フリー姿勢制御”,第55回宇宙科学技術連合講演会,3I04,平成23年11月30日~12月2日.
  10. 錦沢秀太郎,鈴木信義,佐原宏典,宮下直己,倉本祐輔,“超小型衛星搭載用一液式推進機の研究開発と性能評価”,平成23年度宇宙輸送シンポジウム,化学推進部門,STCP-2011-024,平成24年1月19日~20日.
  11. 鈴木信義,錦沢秀太郎,佐原宏典,“低毒性推進剤による超小型衛星搭載用二液式推進系の研究開発”,平成23年度宇宙輸送シンポジウム,化学推進部門,STCP-2011-029,平成24年1月19日~20日.
  12. 高木睦生,山極芳樹,松井信,神戸篤,若槻賢,田中孝治,佐原宏典,渡部武夫,藤井裕矩,“導電テザーによるロケット実験及び数値解析との比較による荷電粒子収集理論の検証”,平成23年度宇宙輸送シンポジウム,非化学推進部門,STEP-2011-040,平成24年1月19日~20日.
  13. 佐原宏典,“超小型衛星から推進系へ求めるもの”,将来推進・エネルギー研究会,III.D,平成24年1月21日.

査読付論文

  1. 養王田一尚,佐原宏典,“インパルス遷移によるデブリのゼロ衝突空間構想”,日本航空宇宙学会論文集,研究ノート,Vol. 59 (2011),No.694,pp.313-314,2011.
  2. 山極芳樹,高木暁生,吉村尚倫,松井信,田中孝治,阿部琢美,佐原宏典,藤井 裕矩,“観測ロケットによる導電ベアテザーの作動と荷電粒子収集理論検証実験”,航空宇宙技術,[特集 宇宙導電テザーの伸展実験],Vol.11 (2012),pp.7 ? 14.
  3. 佐原宏典,渡部武夫,渡邊秋人,伊藤裕明,“インフレータブル伸展ブームの開発と観測ロケットによるその実証”,航空宇宙技術,Vol.11 (2012),pp.15 ? 22.

閉じる
△一番上へ戻る

2010年度

国際会議

  1. Hironori Sahara, Nobuyoshi Suzuki, “Generalized Mono/Bi-Propellant Propulsion System for Microsatellite Based on Non-Toxic Propellant Technology,” 46th AIAA/ASME/SAE/ASEE Joint Propulsion Conference and Exhibit, AIAA-2010-6805, July 25-28, 2010.
  2. Yoshinobu Okano, Hironori Sahara, Ryu Funase, “Prospective 3-Axis Attitude Control using Solar Radiation Pressure,” 18th IFAC Symposium on Automatic Control in Aerospace, P11, September 6-10, 2010.
  3. Hironori Sahara, Takanori Toraya, Sota Inomata, Nobuyoshi Suzuki, Yukiya Hanada, “Technologies for Microsatellite on Disturbance Suppression, Propulsion, and Reliability Assessment,” 61st International Astronautical Congress, IAC-10.B4.6A.7, September 27 ? October 1, 2010.

国内学会

  1. 寅谷敬紀,猪股壮太,花田行弥,鈴木信義,佐原宏典,“超小型衛星のための姿勢擾乱抑制と推進系及び信頼性評価”,日本航空宇宙学会第41期通常総会及び講演会,C12,平成22年4月15日~16日.
  2. 岡野仁庸,佐原宏典,“太陽輻射圧を利用した衛星の3軸高精度姿勢制御”,第20回アストロダイナミクスシンポジウム,C13,平成22年7月26日~27日.
  3. 寅谷敬紀,佐原宏典,“超小型衛星用リアクションホイールの擾乱抑制に関する研究”,第20回アストロダイナミクスシンポジウム,C14,平成22年7月26日~27日.
  4. 山極芳樹,神戸篤,若槻賢,三輪周平,高木暁生,吉村尚倫,松井信,田中孝治,佐原宏典,藤井裕矩,“観測ロケットによるベア―導電テザー帯電粒子収集実験”,第54回宇宙科学技術連合講演会,1B07,平成22年11月17日~19日.
  5. 猪股壮太,花田行弥,杉山透,石井亮介,内田佳秀,佐原宏典,白坂成功,“超小型衛星におけるほどよし信頼性モデルの提案”,第54回宇宙科学技術連合講演会,1C02,平成22年11月17日~19日.
  6. 北嶋麻里絵, 森治,三桝裕也,Simanjuntak Triwanto,羽染円絵,Boden Ralf,岡野仁庸,白澤洋次,田中啓太,平林正稔,元岡範純,浦町光,善場祐介,北村憲司,地福亮,知識柔一,津田慎一,川口淳一郎,“小型ソーラー電力背いる実証機「IKAROS」における学生の取り組み”,第54回宇宙科学技術連合講演会,1E10,平成22年11月17日~19日.
  7. 佐原宏典,“首都大学東京における基礎ゼミナール「宇宙と人類」での宇宙教育とその効果”,第54回宇宙科学技術連合講演会,1E06,平成22年11月17日~19日.
  8. 土岐周平,佐原宏典,“超小型模擬衛星Cansatの外乱を考慮した3次元制御則の提案”,第54回宇宙科学技術連合講演会,1E09,平成22年11月17日~19日.
  9. 佐原宏典,渡邊秋人,伊藤裕明,“インフレータブル伸展ブームの開発と観測ロケットによるその実証”,第54回宇宙科学技術連合講演会,OS,2H06,平成22年11月17日~19日.
  10. 寅谷敬紀,佐原宏典,“擾乱抑制を考慮したリアクションホイールのトルクコントロールに関する検討”,第54回宇宙科学技術連合講演会,2I01,平成22年11月17日~19日.
  11. 岡野仁庸,佐原宏典,船瀬龍,“太陽輻射圧を利用した衛星の3軸高精度姿勢制御手法に関する検討”,第54回宇宙科学技術連合講演会,2I07,平成22年11月17日~19日.
  12. 鈴木信義,各務聡,周善寺清隆,佐原宏典,“H2O2/DME推進系の噴射器の開発”,第54回宇宙科学技術連合講演会,3H10,平成22年11月17日~19日.
  13. 神武直彦,坂本啓,白坂成功,山田皓司,須藤雄哉,土岐周平,梯友哉,“CanSat開発におけるシステムズ・エンジニアリングの適用~PBL型教育プログラムの構築,第54回宇宙科学技術連合講演会,3E05,平成22年11月17日~19日.
  14. 山田皓司,須藤雄哉,土岐周平,梯友哉,坂本啓,神武直彦,白坂成功,“CanSat開発におけるシステムズ・エンジニアリングの実践~全国7大学におけるPBL型教育プログラムの実践~”,第54回宇宙科学技術連合講演会,3E06,平成22年11月17日~19日.
  15. 梯友哉,神保明菜,田中康平,井上真求,三川祥典,福西瑛司,石黒隆史,山田皓司,土岐周平,須藤雄哉,柿崎友華子,横田一毅,野本隆太,川村尚史,川島レイ,“UNISEC学生組織における新しい取り組みについて”,第54回宇宙科学技術連合講演会,3E10,平成22年11月17日~19日.
  16. 土岐周平,佐原宏典,“超小型模擬衛星CanSatの外乱を考慮した3次元制御則の提案”,第16回スカイスポーツシンポジウム,1-7,平成22年12月4日.
  17. 高木暁生,山極芳樹,松井信,神戸篤,若槻賢,田中孝治,佐原宏典,渡部武夫,藤井裕矩,能見公博,“S520-25による導電テザー荷電粒子収集実験の結果について”,平成22年度宇宙輸送シンポジウム,STEP-2010-035,平成23年1月20日~21日.
  18. 渡部武夫,佐原宏典,小島広久,萩岡龍一,助川真寛,鈴木信義,浅沼匡,鈴木翔平,笛田剛史,大手直樹,小竹祥太,“観測ロケットにおけるテープテザー展開実験”,第19回スペース・エンジニアリング・コンファレンス [SEC’10],D3,平成23年1月27日~28日.
  19. 木村真一,河本聡美,澤井秀次郎,福田盛介,坂井真一郎,北澤幸人,佐原宏典,“デブリ除去に向けた非協力接近・調査ミッションの提案”,第1回小型科学衛星シンポジウム,ワーキンググループ候補提案,平成23年3月1日.

査読付論文

  1. Shinichi Nakasuka, Nobutada Sako, Hironori Sahara, Yuya Nakamura, Takashi Eishima, Mitsuhito Komatsu, “Evolution from education to practical use in University of Tokyo’s nano-satellite activities,” Acta Astronautica, Volume 66, Issues 7-8, April-May 2010, p. 1099-1105.
  2. 佐原宏典,鈴木信義,“民生品ブラダの過酸化水素推進系への適合性”,航空宇宙技術,日本航空宇宙学会,Vol. 9, pp. 57-62, 2010.
  3. Yoshiki Yamagiwa, Atsushi Kanbe, Masaru Wakatsuki, Kouji Tanaka, Makoto Sumino, Takeo Watanabe, Hironori Sahara, Hironori A. Fujii, “Current Collection Experiment of Bare Electrodynamic Tether Using Sounding Rocket,” Transaction of The Japan Society for Aeronautical And Space Sciences, Aerospace Technology Japan, Vol. 8 (2010), ists27, Tb_5-Tb_10, 2010.
  4. Hironori Sahara, Tatsuya Ide, “Generalized System of Mono- and Bi-Propellant Propulsion for Microsatellite,” Transaction of Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Space Technology Japan, Vol. 8 (2010), No. ists27, pp. Pf_7 ? Pf_12, 2010.
  5. Hironori Sahara, Satoshi Hosoda, Yoshiki Sugawara, Masakatsu Nakano, Shinichi Nakasuka, “Proposal of ‘Ig Satellite Design Contest’ and Its Expected Effect,” Transaction of Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Space Technology Japan, Vol. 8 (2010), No. ists27, pp. Tu_1 ? Tu_4, 2010.

閉じる
△一番上へ戻る

2009年度

国際会議

  1. Hironori Sahara, Tatsuya Ide, “Generalized System of Mono- and Bi-Propellant Propulsion for Microsatelite,” 27th International Symposium on Space and Technology Science, ISTS2009-f-08, Tsukuba, Japan, June 5-12, 2009.
  2. Hironori Sahara, Satoshi Hosoda, Yoshiki Sugawara, Masakatsu Nakano, Shinichi Nakasuka, “Proposal of “Ig Satellite Design Contest” and Its Expected Effect,” 27th International Symposium on Space and Technology Science, ISTS2009-u-10, Tsukuba, Japan, June 5-12, 2009.
  3. Yoshiki Yamagiwa, Atsushi Kanbe, Masaru Wakatsuki, Kouji Tanaka, Makoto Sumino, Takeo Watanabe, Hironori Sahara, Hironori Fujii, “Current Collection Experiment of Bare Electrodynamic Tether Using Sounding Rocket,” 27th International Symposium on Space and Technology Science, ISTS2009-b-56, Tsukuba, Japan, June 5-12, 2009.
  4. Takeo Watanabe, Hironori Fujii, Tomoya Mazawa, Masahiro Sukekawa, Hirohisa Kojima, Hironori Sahara, “Experiments of Electro Dynamic Tether System Using Bare Tape Tether and Development of the Tape Tether Deployer,” 27th International Symposium on Space and Technology Science, ISTS2009-c-31, Tsukuba, Japan, June 5-12, 2009.
  5. Hironori Sahara, Masahiro Sukekawa, Takeo Watanabe, Ryuichi Hagioka, Yuji Ohtaka, Yota Kotake, Takumi Asanuma, Nobuyoshi Suzuki, Shohei Suzuki, Naoki Ohte, Kohei Takada, Tsuyoshi Fueda, Hirohisa Kojima, “Development of Deployed Tape Tether Length Sensors for S520-25th Project,” International Seminar on System Design (ISSD 2009), Tokyo, Japan, November 4-6.

国内学会

  1. 阿保真,長澤親生,柴田泰邦,佐原宏典,小島広久,竹ケ原春貴,“超小型衛星搭載リフレクタを利用した温暖化気体のレーザー計測計画”,第27回レーザセンシングシンポジウム,PA-2,平成21年9月3日~4日.
  2. 若槻賢,山極芳樹,松井信,神戸篤,三輪周平,田中孝治,住野諒,渡部武夫,佐原宏典,藤井裕矩,“ロケット実験における端効果を考慮したブームによる電子収集に関する研究”,第53回宇宙科学技術連合講演会,2L04,平成21年9月9日~11日.
  3. 住野諒,佐原宏典,田中孝治,佐々木進,阿倍琢美,下山学,山極芳樹,神戸篤,若槻賢,藤井裕矩,“観測ロケットS520-25 号機搭載用ベアテザーを用いたプラズマ収集実験”,第53回宇宙科学技術連合講演会,3C04,平成21年9月9日~11日.
  4. 阿保真,長澤親生,柴田泰邦,佐原宏典,小島広久,竹ケ原春貴,“超小型衛星搭載リフレクタを利用した温暖化気体のレーザー計測”,第35回リモートセンシングシンポジウム,(20),平成21年11月5日~6日.
  5. 土岐周平,“首都大学東京宇宙システム研究室2009年度活動報告”,UNISECワークショップ,UNISEC09-10,平成21年11月28日~29日.
  6. 猪股壮太,佐原宏典,“超小型衛星のオープン・モジュラー化に関する研究”,首都大学東京システムデザインフォーラム2009,平成21年11月5日.
  7. 鈴木信義,佐原宏典,“過酸化水素を用いた一液式/二液式推進系の開発”,日本航空宇宙学会西部支部講演会,次世代プロペラントセッション,JSASS-2009-S012,平成21年12月10日.
  8. 鈴木信義,佐原宏典,“低毒性推進剤による二液式推進系の研究開発”,平成21年度宇宙輸送シンポジウム,STCP-2009-34,平成22年1月14日~15日.
  9. 若槻賢,山極芳樹,松井信,神戸篤,田中孝治,住野諒,渡部武夫,佐原宏典,藤井裕矩,“テザーロケット実験におけるブームによる電子収集に関する研究”,平成21年度宇宙輸送シンポジウム,STEP-2009-57,平成22年1月14日~15日.
  10. 猪股壮太,花田行弥,佐原宏典,“汎用インタフェースを用いた超小型衛星用標準バスの設計開発”,第18回スペース・エンジニアリング・コンファレンス,B3,平成22年1月29日.
  11. 岡野仁庸,佐原宏典,船瀬龍,川口淳一郎,“太陽輻射圧を用いた超小型衛星の3軸姿勢制御の検討”,第18回スペース・エンジニアリング・コンファレンス,B4,平成22年1月29日.
  12. 住野諒,田中孝治,神戸篤,若槻賢,阿部琢美,山極芳樹,佐原宏典,佐々木進,小島広久,“観測ロケットS520-25号機搭載用ベアテザーを用いたプラズマ収集実験”,平成21年度スペースプラズマ研究会,平成22年3月11日~12日.

査読付論文

  1. Hironori Sahara, Shinichi Nakasuka, Chisato Kobayashi, “Generalized Propulsion System for Microsatellite Based on Hydrogen Peroxide,” Transactions of Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Space Technology Japan, Vol. 7, No. ists26, pp.Pa_13-Pa-19, 2009.
  2. Shinichi Nakasuka, Kei Senda, Akihito Watanabe, Takashi Yajima, Hironori Sahara, “Simple and Small De-orbiting Package for Nano-Satellites Using an Inflatable Balloon,” Transaction of Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Space Technology Japan, Vol. 7, No. ists26, pp. Tf_31-Tf_36, 2009.

閉じる
△一番上へ戻る

2008年度

国際会議

  1. Hironori Sahara, Shinichi Nakasuka, Chisato Kobayashi, “Generalized Propulsion System for Microsatellite Based on Hydrogen Peroxide,” 26th International Symposium on Space and Technology Science, ISTS2008-a-32, Hamamatsu, Japan, June 1-6, 2008.
  2. Shinichi Nakasuka, Ken Senda, Akihito Watanabe, Takashi Yajima, Hironori Sahara, “Simple and Small De-orbiting Package for nano-Satellites Using an Inflatable Balloon,” 26th International Symposium on Space and Technology Science, ISTS2008-f-23, Hamamatsu, Japan, June 1-6, 2008.
  3. Hironori Sahara, Shinichi Nakasuka, Chisato Kobayashi, “Generalized Propulsion System for Panel ExTension SATellite (PETSAT),” 44th AIAA/ASME/SAE/ASEE Joint Propulsion Conference and Exhibit, AIAA-2008-4842, Hartford, CT, USA, July 21-23, 2008.
  4. Chisato Kobayashi, Shinichi Nakasuka, Hironori Sahara, Yoshiki Sugawara, Takanori Okada, Stephen Greenland, “Findings and Experience during the development of the modular microsatellite concept PETSAT,” 59th International Astronautical Congress, IAC-08-B4.7.5, Glasgow, England, September 29 ? October 3, 2008.

国内学会

  1. 藤井裕矩,間沢朋哉,渡部武夫,佐原宏典,山極芳樹,田中孝治,“ベア導電テザー観測ロケット実験”,アストロ・ダイナミック講演会,宇宙科学研究本部/宇宙航空研究開発機構,2008年7月28日~29日.
  2. 佐原宏典,“首都大学東京における基礎ゼミナール「宇宙と人類」での宇宙教育とその効果”,第52回宇宙科学技術連合講演会,2J11,兵庫県立淡路夢舞台国際会議場,2008年11月5日~7日.
  3. 住野諒,田中孝治,山極芳樹,下山学,阿部琢美,佐原宏典,佐々木進,藤井裕矩,“ベアーテザーを用いたプラズマ収集実験”,宇宙関連プラズマ研究会2008,宇宙科学研究本部/宇宙航空研究開発機構,2008年12月16日.
  4. 佐原宏典,“超小型衛星のオープン・モジュラー化を目指して”,システムデザインフォーラム in 秋葉原,ものづくり技術「航空機・宇宙システム」,秋葉原ダイビル,2008年12月17日~18日.
  5. 藤井裕矩,水野敏弘,渡部武夫,佐原宏典,田中孝治,“小型衛星/観測ロケット実験による宇宙テザー実験”,第5回宇宙環境シンポジウム,つくば国際会議場,2008年12月18日~19日.
  6. 井出達也,佐原宏典,“DME/過酸化水素に基く超小型衛星搭載用推進系の研究開発”,平成20年度宇宙輸送シンポジウム,STCP-2008-40,宇宙科学研究本部/宇宙航空研究開発機構,2009年1月19日~20日.
  7. 山極芳樹,神戸篤,若槻賢,田中孝治,住野諒,渡部武夫,佐原宏典,藤井裕矩,“テザーロケット実験(T-Rex)におけるテザー荷電粒子収集実験”,平成20年度宇宙輸送シンポジウム,STEP-2008-50,宇宙科学研究本部/宇宙航空研究開発機構,2009年1月19日~20日.

査読付論文

  1. Yoshiki Sugawara, Hironori Sahara, Shinichi Nakasuka, Stephen Greenland, Takeshi Morimoto, Kanichi Koyama, Chisato Kobayashi, Hideaki Kikuchi, Takanori Okada, Hidenori Tanaka, “A satellite for demonstration of Panel Extension Satellite (PETSAT),” Acta Astronautica, Volume 63, Issues 1-4, July-August 2008, p. 228 ? 237.

閉じる
△一番上へ戻る

  • 2013年度
  • 2012年度
  • 2011年度
  • 2010年度
  • 2009年度
  • 2008年度
  • 研究室関連ページ


    佐原研公式ブログ
    「エヴァQ」を分析
    話題のSF少女漫画を分析


    更新履歴