プロジェクト

Project-C

能代宇宙イベント ARLISS

気球実験 能代 撮影ミッション ARLISSロケット 基板作製

「CanSat」と呼ばれる~1kg程度の超小型模擬航空宇宙機を製作し,8月に秋田県能代市で開催される能代宇宙イベントや9月にアメリカ・ネバダ州のブラックロック砂漠で開催されるARLISSに参加します.

これらの大会では,気球やロケットでCanSatを上空から放出し,空中や地上で様々なミッションを行います.CanSatには大別して350ml缶程度のサイズのカンサットクラスと,上限1050g程度のオープンクラスがあり,当研究室では主にオープンクラスに取り組んでいます.初期はパラフォイルを用いた誘導制御の研究から始まり,現在では毎年複数のチームが,ゴールを目指すカムバックタイプのCanSatや画期的なミッションを行うCanSatで挑戦しています.

CanSat開発においては,機械工作や電気回路などの技術の習得にとどまらず,プロジェクトの中での計画・実行・評価・改善という繰り返しを通し,数ヶ月後を見据えたスケジュール管理,文書管理,プロジェクトマネジメント等も行い,衛星開発に必要な幅広い能力の獲得を目指します.

以下,歴代のCanSatの一覧です.AはARLISSに,能は能代宇宙イベントに参加したことを指します.

2015年度[詳細はこちら]

  • TMR-i

    「TMR-i」(A)

  • TMN

    「TMN」(A)

  • Metropoli-CAN

    「Metropoli-CAN」(A)

2014年度[詳細はこちら]

  • TMR

    「TMR」(A)

  • TMU☆CAN

    「TMU☆CAN」(A)

2013年度[詳細はこちら]

  • TBY

    「TBY」(A)

  • WÅNDER

    「TMU WÅNDER」(A)

  • TMU☆CAN

    「TMU☆CAN」(能)

2012年度[詳細はこちら]

  • TMG

    「TMG」(A,能)

  • TMUFamily

    「TMU Family」(A,能)

  • TM_Brothers

    「TM Brothers」(A,能)

2011年度[詳細はこちら]

  • SSL_WIND

    「SSL WIND」(A)

  • TM_Brothers

    「TM Brothers」(A)

  • Ibis Works

    「Ibis Works」(A)

  • 2010年度[詳細]

    Ibis Works

    「Ibis Works」(A)

  • 2009年度

    Ibis Works

    「Ibis Works」(能)

  • 衛星設計
  • 衛星設計

2008年度から2010年度まで,衛星設計コンテストに参加し,超小型衛星設計に取り組みました.

以下は歴代の衛星設計コンテスト提出作品です.

第18回衛星設計コンテスト(2010) バイナリブラックホール探査衛星「ORBIS」

受賞:設計大賞 日本天文学会賞 最優秀模型賞

第17回衛星設計コンテスト(2009) 太陽偏光分光観測衛星「FLARE」

受賞:地球電磁気・地球惑星圏学会賞 日本天文学会賞

第16回衛星設計コンテスト(2008) 超小型衛星用データ中継衛星「HIBiKI」

研究室関連ページ


佐原研公式ブログ
「エヴァQ」を分析
話題のSF少女漫画を分析


更新履歴