JavaScript対応ブラウザで表示してください。
KUBOTA Lab. JAPANESE→ENGLISH
SLAM

ロボットの自己位置推定と地図構築(Simultaneous Localization and Mapping)に関する研究開発

この研究では、進化計算を用いたロボットの自己位置推定と、2次元測域センサの計測距離情報から地図の構築を行う手法を提案しています。また、生成された地図を用いた遠隔操作を実現するために、スマートデバイスを活用したナビゲーションに関する研究開発を行っています。
関連:移動ロボットの遠隔操作

マーク 動 画1 (2次元環境地図の構築)








Copyright (C) 2005-2007 KUBOTA Laboratory, All rights reserved.